低用量ピルは危険なのか?副作用とは

低用量ピルは最近どんどん理解度、使用者を増やしていっています。まだ、ピルについてよく知らない人や興味あるけどよく分からないなんて人はぜひ見てください。全ての女性にとって低用量ピルは朗報かもしれません!それと同時に、ピルにつきまとう危険というイメージや副作用についても説明しますね。

まず効果ですが、低用量ピルは毎日一錠欠かさず飲むことで、避妊、美肌、生理周期の安定、生理痛の軽減など効果を発揮します。これはコンドームよりも高い避妊成功率、他の薬では得られない女性器官への改善効果などを意味し、低用量ピルの魅力でもあります。

漠然と薬、避妊というキーワードしか持っていない女性もまだまだ多いのですが、これらのことをしっかり理解した女性の多くはメリットがずば抜けて多いことを知り、利用する人が多いです。これは、試しにピルを使った女性のほとんどが「続けて利用したい」とアンケートで答えていることからも分かります。

また、副作用が敬遠されがちな部分もあります。それはむくみや飲み始めの吐き気などです。しかし、これは最近のピルはどんどん改良されて副作用が出ることも少なくなっている為、昔ほど気にすることもないでしょう。ただし、タバコなどを吸っている人は血栓症のリスクなどもあるため、使用前に確認してください。

参考:ピル(低用量ピル)の総合サイト