バイアグラと影響

バイアグラは、世界的に有名な勃起薬の一つです。

ED治療薬として、EDという言葉が生まれる前に開発されました。

それも、狭心症の研究、治療薬の開発時にたまたま勃起作用があることが発見され、
偶然産み出された治療薬なのです。

そんなバイアグラですが、
さすがに元々狭心症治療の研究途中に生まれた薬だけあって
、副作用として血管拡張作用があります。

元々、ペニスの内部の海綿体という部分に、
血液が充満することで膨らみ勃起が起こります。

しかし、ED患者のほとんどが血行が悪く、
その影響で、下半身に血が巡らないことにより、勃起不全となるのです。

その血の巡りを良くする為に、バイアグラの作用により血管を拡張させます。

そのため、頭痛、のぼせ、顔のほてり、目の充血などの副作用が起こるのです。

しかし、そのような症状が出るということは、
血管の拡張は間違いなく効果が表れていることが確実ですので、
よりバイアグラとしての効果に期待が持てます。

もちろん、つらいほどの頭痛など、きつ過ぎる副作用が現れた場合は、
すぐに意医師の診断を受けることをオススメします。

作用している部位が部位だけに、
取り返しのつかない後遺症だけは残したくないですよね。

アルギニンペニスの影響